気分は、いつでも新婚生活

婚約、結婚式、新婚生活にまつわるアレコレをイラストで綴ります

ローグ・ワンはスターウォーズシリーズの最高傑作、ということ

いま見終わったばかりなんですけどね、とにかくラスト30分の疾風怒濤がすごい。


そもそも、主役キャラたちが出てきた時点で謎があった。

もうね、みんな素晴らしいキャラばかり、やさぐれ少女に、根暗な暗殺者、皮肉屋のドロイド、心を失ったパイロット、盲目の僧侶、でかい武器を持った傭兵。

いやー、でもどうすんの? 

こんな濃ゆいキャラが、しかも同盟軍の中核をなしそうなくらい大活躍しちゃうやつらが、このあとの急3部作に出てこないのをどう説明するつもりなんだと。


その解決策は残り30分から始まった。

一人目が死んだ時点で、あ、これ進研ゼミで見たやつだ! ってなりかけたけど、こころの隅ではまさかまさかって思ってた。


だって、ハリウッドだよ。

しかもディズニー。

そんな完璧なストーリーにするよりも、素敵なキャラを生かして続編を作るって思うよ。


なのに、そうした懸念を打ち砕くかのように、次々に仲間が死んでいく。

みんなヒロイックな死に様ばかり。

あれー、これ、なにが別の映画で見たような気もする流れだー。


でも、スターウォーズだよ。

さすがに主人公は、、、。


死んだ!?


まじで?!

完璧だ、、、美しすぎるストーリーだ、、、脚本界のシェイクスピアやーー!

いや、シェイクスピアは脚本家か、、、。


さらに素晴らしいのが、雑魚の一人一人まで、きちんと死ぬ。

意味のない死に様はない。

みんな4部につなげるために、とてつもなくカッコよく散っていく。

そうそう、スターウォーズって戦争映画なんだよね。

なんか、ヒーロー物の側面が強いけど、惑星大戦争だもんね。


なんだろ、スターウォーズの世界にプライベートライアンが持ち込まれた感じがする!!


スターウォーズの魅力は嘘っぽいなかにもリアル感があるとこだったけど、今作はそれを今以上に感じる!


なんつーか、初めてスターウォーズの世界を感じた。なんだろ、ちゃんと宇宙は果てし無く広がってて、そこに生きる一人一人に人生がある感じというか、、、。


いや、小説シリーズのなかでは感じてたよ。でも、まさか映画でそれを感じられるとは思わなかった。


今回ので、スターウォーズの可能性はますます拡がった。なんだろ、もうただのヒーロー物じゃない。小説シリーズにあった戦争物、恋愛主体もの、経済もの、ギャンブル、どの方向にも広げていけそう。


とりあえず個人的にはエックスウイングシリーズをよろしくしたい。艦隊バトルがもっとみたいんじゃーい。

小説家になろう にボクの魂の双子がいてブクマしまくってる件

子どもが生まれて、パソコンと向き合う時間が消滅しました。

あー、これでボクの執筆趣味も終わりか~と思ったんですけど、

「小説家になろう」が、その状況を救ってくれました。

 

スマホでとてもサクサクと執筆・保存できるんで、

通勤途上の電車内で書けるんですよ。

 

ただ、連載形式になるので、パソコン執筆ほど気軽に修正はできないですね…。

あと、スマホだと情景描写が死ぬほど面倒くさいので、すぐに手を抜いちゃう。

どこかに投稿したりするときは、大幅な調整が必要になりそうです。

 

ちなみに、毎日書いてますけど、まったく読者付かないです爆

プロ作家になった俺ちゃんだから、ブクマなんかもサクサク付いちゃうんだろうな~と思ってました。

ぜんっぜん甘かった!

そもそもね、読んでもらえない。

たぶん、一日20人くらいしか見てくださってないです。

そんで、そのなかの1人だけがブクマしてくれる感じ……。

 

いや、そりゃあ、出版にいたったものに比べれば荒削りにもほどがあるけど、

そこまで悪いかな~。恋愛を超能力的に扱ってて、けっこう気に入ってるんだけど。

ブクマテラホシス。

 

(このブクマほしいっていう感情が、

小説書くのにものすごく強力な動機になってるんですよ。

1ブクマでも増えてると、めちゃくちゃ書く気が沸いてくる。

なろうの最大の利点は、ここにあるような気がします。

小説って、最後までやる気をキープするのが一番のハードルなんですけど、ブクマが付くたびにガソリンがどばどば入ってくるんですよ)

 

で、ようやく本題なんですけど、

こないだ、知り合いから「なろう見ましたけど、ずいぶん趣味変わりましたね~。ああいう小説が好きになってんですか?」っていわれまして。

 

え? なんの話? って聞いたら、

 

どうも、こないだの『宇宙人の村へようこそ』で使ったペンネーム

松屋大好」と同じ名前のIDが、いらっしゃるんですよ。

ぼくじゃないですよ。まったく別人が管理されてるID。

で、その方がいろいろとブクマなさっていると。

 

まじかよ……偶然かぶるようなペンネームじゃないでしょ……。

なにこれ? ぼくの魂の双子?

 

それとも、心の中のもう一人のぼくが読み専となってブクマしてるの?

いずれにしても、ぼく本体にブクマしてよ! って思う。

ソウルメイトのきみ、文章評価5Pとか、ストーリー評価5Pしまくってるやん…。

本体は、ストーリーポイント、“”合計で”たったの5pしかないんやで…

 

まさかと思うけど、ポイント荒稼ぎ用の嘘IDではあるまいな。

バットマンvsスーパーマンが大傑作だった〔嘘

すごく楽しみにしてたバットマンvsスーパーマン、期待にたがわぬ面白さでした!

 

あらすじはざっくりいうと、こんな感じ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人知を超えた力を持つ「能力者」がいる世界。ゴッサムシティを守るダークヒーロー、バットマンが持つ力は予知能力。かつて、父と母を犯罪者に殺された瞬間、能力に開眼。以降、父の残した莫大な遺産を活用し、超兵器に身を固め、能力を駆使しながら人々を守り続けている。

そんなバットマンが懸念しているのは、数年前に登場した世界最強のヒーロー、スーパーマンのこと。バットマンは夜な夜な、スーパーマンが悪落ちし、人類を絶滅させる世界を夢のなかで予知していた。バットマンの予知能力は、本来、数秒先しか見通せないので、なぜスーパーマンが悪に染まるのかまではわからない。それでも、人類のためにスーパーマンを殺す決意を固める。

バットマンは、スーパーマンの恋人を人質にとったうえで、クリプトナイト鉱石と予知能力を併用してスーパーマンに挑むも、あと一歩で返り討ちに。恋人の嘆願もあり、スーパーマンが見逃してくれたことで、決意がゆらぐバットマン。あらためて予知能力を鍛え直すと、スーパーマンの恋人に何かが起こり、それがスーパーマン闇落ちのきっかけになるとわかる。

スーパーマンの恋人を守るべく、彼女を尾行しはじめるバットマン。恋人はけっこうなかわいこちゃんで、バットマンも彼女にちょっと惚れる。そんなある日、恋人がいきなり何者かにさらわれてしまう。さらったのは、スーパーマンをコントロールしたい政府機関。

政府は恋人に付着していたスーパーマンの細胞を培養、スーパーマンを敵と認識するよう遺伝子を操作したうえで、兵士たちに投与する。

恋人を取り戻すべく、政府施設に潜入したバットマン。スーパーソルジャーたちを相手に獅子奮迅の活躍を見せるも、バットマンの細胞とスーパーマンの細胞、両方を持つ超スーパー兵士の登場で大ピンチに。スーパーマンのパワーにバットマンの予知能力、最強の敵を前に手も足も出ない。そこへスーパーマンが登場。二人の共闘で政府機関は壊滅、恋人を取り戻すことにも成功する。

スーパーマンから今後も共闘するよう持ちかけられたバットマン。たが、バットマンのなかには未だにスーパーマンが世界を滅ぼす予感が残っている。スーパーマンと協力しあう体制をとれば、いざというときはすぐに殺せると判断。スーパーマンの呼びかけに応じる。

一方、助け出した恋人には、悪のスーパーマン細胞が付着しており、、、で、エンド。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

、、、だったらよかったなー。

バットマンに予知能力があるっぽい描写は、すげー良かったんだけどなー。

なんで、それをもうちょっと活用しないのか凄い謎。

 

ほかにもモヤモヤしたところはあって。

 

バットマンがただの頭のおかしい人になってる

○二人の共通の敵が、マンオブスティールとたいして変わらない。むしろ描写的には弱い。

○意味不明に参戦するワンダーウーマン

○守る価値なさげな人類

 

とかかなー。

とにかく、スーパーマン目線のパートが全部いらない。尺の問題を考えたら、バットマン側のみにしぼるべきじゃないのかなー。

 

あと、なんといってもスーパーマンが強すぎる問題。強すぎて扱いづらいよね、、、。

ワンパンマン形式で処理して欲しかった。こう、スーパーマン以外のヒーローがむちゃくちゃ苦戦して、もうダメだーーってところで、パーパラララーパッパッパッー♩と登場して、ド派手バトルを繰り広げて、スーパーマジパンチでジエンド。

 

 

 

 

 

 

 

ライトノベル作家になるためにしたこと、ということ

そういえば、このブログはもともとライトノベル関連のことを書くために

作ったんでした。

いつのまにか、日常であったことをこっそり暴露or自慢するブログになってしまったけど……

www.amazon.co.jp

 

何人か、ライトノベル関連ということで読者になってくださってる方がいるみたいなので、一回くらいラノベのことも書きます。

なにを書けばいいですかね。

やっぱり、どういう練習をしてラノベを出したかですかね。

 

ぼくがいままでに出したラノベは二冊。

電撃の『宇宙人の村へようこそ』(去年)と、ガガガの『シー・マスト・ダイ』(6年くらい前)です。

 

 

前提として、ぼくは子供のころから、映画、漫画、小説がめっちゃ好きです。

映画は3歳から親と一緒に金曜ロードショーを見まくりましたし、

大学ではレンタルビデオ屋でバイトしてました。

漫画は、横浜のとある漫画喫茶の漫画を三分の二は読んだと思います。いまだに、ジャンプ、ヤンマガ、スピリッツ、イブニング、ヤンジャン、モーニング、チャンピオン、スペリオールは読んでます。

小説は中学校・高校のころに1000冊~1500冊は読んだと思います。大学時代は漫画と映画でいっぱいいっぱいでしたが、社会人になってからまた一年50冊くらいのペースに復活しました。

 

ラノベを書こうと思ったきっかけは、兄が「小説賞に投稿し始めたんだ~」といったことでした。兄とぼくの読書量はほぼ互角だったので、兄にできるならぼくにもできるだろうっていう軽いノリでした。あと、ラノベ書いたらモテるかも!ってのもありました。まったくモテなかったですけど。

 

初めて書いたのは、こてこてのファンタジーものです。

単行本で500ページ分ぐらい書いて、どうにか一冊分書ききりましたが死ぬほどつまらない……。おまけに日本語もひどい…。読むに堪えね~って感じでした。

 

なので、まずは文章作法系の本を読み漁りました。

ただ、どれだけ読んでも書けるようにならない。

どうすればいいんだ……ってところでひらめいたのが本の写経です。

自分が好きな小説を見繕って、頭の20ページをワードで写経しまくりました。

それから、短編小説を少しだけ改変してコピーしました。

文体、リズム、展開などはすべて元のままで、

ストーリーとキャラクターだけ自分のものに置き換えました。

 

なんとか書けるかもしれないな~という感覚になってきたんですが、

このタイミングで、大当たりの文章作法本に遭遇しました。

スティーブン・キングの『文章作法』です。

これがすごい。これに比べれば、ほかの文章作法本はトイレットペーパーも同然。

とにかく、使えるテクニックが満載なんですよ。

きれいな文章を書くコツじゃなくて、面白い小説を書くコツが山盛り。

 

そういうわけで、スティーブン・キング先生の教えにしたがって書いたのが、

ガガガから出た『シー・マスト~』です。

あらすじは、テロリストが中学校を襲撃して、「幸運」の超能力を持った主人公がヒロインと逃亡をはかるという…。

なんじゃそりゃあ!ってくらいに中二病ですね。

もともと「世界で一番幸運な男」と「テロリストによる学校襲撃」の、ふたつのアイデアがあって、ある日、ぽこーんと二つを組み合わせればおもしろいじゃーん!となりました。

 

出だしとオチだけ決めて、プロットなしで書き始めました。

途中で何回も何回も躓きましたけど、意外とスラスラ書けて、初投稿となりました。

で、ラッキーにもそのまま出版にいたったわけです。

 

最後にもう一度書きます。

ラノベ作家になるための秘訣は、スティーブン・キング先生の『文章作法』を読むことです。

だっこしないと許されない、ということ

f:id:amane1234567jp:20160412223659j:plain

子供が生まれてわたわたしてたけど、久しぶりに投稿。


赤ちゃん、とにかくだっこして欲がすごい。だっこしないと泣くし、だっこしたらしたで、降ろされまいと泣く。やばしゅぎる。


物を持ち上げる時に「ゴ~リラ」っていう妻

f:id:amane1234567jp:20150310235854j:plain

うちの妻、物を持ち上げたりするときに

「…リラ…」「ゴ…ラ…」とかいってるんですよ。

幻聴かな~って思ってたけど、

こないだ、明らかに「ゴーリラ」って発音してたんで、

「なんなのあれは…www?」ってウッカリ聞いてしまった。

そしたら、ちょっと悲しい感じで「独り言だよー」って返してきた。

 

あー、しまった。

これで妻は「ゴリラ」の掛け声を封印する。

ぼくがゴリラ現象を観察していることがバレた瞬間に、

ゴリラ現象は消え去ってしまう。

いわゆる「観察者効果」ってやつですね。

 

ほんと夫婦って難しい…。

妻のことは、できる限り肯定しよう!って、思ってるのに

つい余計な一言をいっちゃう。

愛が…試されてる!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週のお題「これって私だけ?」

 

 

結婚式場の営業がナチスの洗脳テクニックを使いまくってくる

 

f:id:amane1234567jp:20150127231753j:plain

こないだ『プロパガンダ』っていう、

ナチスドイツが開発した民衆洗脳テクニックを集めた本を読みまして。

そのなかに、現在も企業の営業活動に利用されているテクニック特集!

みたいなのがあるんですよ。

 

それが、以前、結婚式場で仕掛けられた営業トークそのまんま。

 

営業「たまたまフェア期間なので、いま契約してくだされば総額から70万円引きなんです」

→本当はいつでもフェア期間中。こういうことで“いま契約しないと!”感を煽る。

 

営業「もし、今日、この場で決めていただけたら、さらに20万円引きます!」

→家に帰って冷静になることを妨げてる

 

営業「もう2時間ですか、ゆっくり考えてくださいね」

→営業の人をこんなにつきあわせちゃった!何かお礼しないと……

 

営業「すごく細かい見積もりを30分かけて作ってみました!」

→や、やべえ、すごい労力をかけさせている…。何かしてあげないと…

 

営業「じっさいの式で提供する料理を無料で召し上がってください。通常なら1万円はする料理ですよ!」

→そんなすごいものを食べて、何もせず帰るなんて心苦しい…

 

営業「もう3時間ですかー」

→こっちも3時間近く考えたから、ここで契約しないとこれまでの時間が無駄になる!という焦り

 

うわー、露骨だわー。

いまおうとめっちゃ露骨。

ちなみに、ぼくと妻はあっさりひっかかってしまいました。

まあ、値段に見合ったグッドな式だったからいいけど、

こうやって振り返ると、けっこうあからさまなテクニックだったのね。

家を買うときは気を付けないと……。

 

ちなみに、結婚式関連で、いちばんモヤーっとしたのは、

いちばん最初に提示される予算案は、まるっきし使い物にならなかったこと。

かなりオプションを付けないとまともな式にできないようになってるんですよ。

モヤモヤモヤモヤ。