気分は、いつでも新婚生活

婚約、結婚式、新婚生活にまつわるアレコレをイラストで綴ります

小説家になろう にボクの魂の双子がいてブクマしまくってる件

子どもが生まれて、パソコンと向き合う時間が消滅しました。

あー、これでボクの執筆趣味も終わりか~と思ったんですけど、

「小説家になろう」が、その状況を救ってくれました。

 

スマホでとてもサクサクと執筆・保存できるんで、

通勤途上の電車内で書けるんですよ。

 

ただ、連載形式になるので、パソコン執筆ほど気軽に修正はできないですね…。

あと、スマホだと情景描写が死ぬほど面倒くさいので、すぐに手を抜いちゃう。

どこかに投稿したりするときは、大幅な調整が必要になりそうです。

 

ちなみに、毎日書いてますけど、まったく読者付かないです爆

プロ作家になった俺ちゃんだから、ブクマなんかもサクサク付いちゃうんだろうな~と思ってました。

ぜんっぜん甘かった!

そもそもね、読んでもらえない。

たぶん、一日20人くらいしか見てくださってないです。

そんで、そのなかの1人だけがブクマしてくれる感じ……。

 

いや、そりゃあ、出版にいたったものに比べれば荒削りにもほどがあるけど、

そこまで悪いかな~。恋愛を超能力的に扱ってて、けっこう気に入ってるんだけど。

ブクマテラホシス。

 

(このブクマほしいっていう感情が、

小説書くのにものすごく強力な動機になってるんですよ。

1ブクマでも増えてると、めちゃくちゃ書く気が沸いてくる。

なろうの最大の利点は、ここにあるような気がします。

小説って、最後までやる気をキープするのが一番のハードルなんですけど、ブクマが付くたびにガソリンがどばどば入ってくるんですよ)

 

で、ようやく本題なんですけど、

こないだ、知り合いから「なろう見ましたけど、ずいぶん趣味変わりましたね~。ああいう小説が好きになってんですか?」っていわれまして。

 

え? なんの話? って聞いたら、

 

どうも、こないだの『宇宙人の村へようこそ』で使ったペンネーム

松屋大好」と同じ名前のIDが、いらっしゃるんですよ。

ぼくじゃないですよ。まったく別人が管理されてるID。

で、その方がいろいろとブクマなさっていると。

 

まじかよ……偶然かぶるようなペンネームじゃないでしょ……。

なにこれ? ぼくの魂の双子?

 

それとも、心の中のもう一人のぼくが読み専となってブクマしてるの?

いずれにしても、ぼく本体にブクマしてよ! って思う。

ソウルメイトのきみ、文章評価5Pとか、ストーリー評価5Pしまくってるやん…。

本体は、ストーリーポイント、“”合計で”たったの5pしかないんやで…

 

まさかと思うけど、ポイント荒稼ぎ用の嘘IDではあるまいな。